So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

第15回ハロプロ楽曲大賞'16 [Hello!project]

第15回ハロプロ楽曲大賞'16に投票。

楽曲部門
1位 3.5pt モーニング娘。'16 / 泡沫サタデーナイト!
この曲を初めて聴いた時はLOVEマシーンを初めて聴いた時のことを思い出すかのような高揚感を感じました。
2位 2.5pt こぶしファクトリー / チョット愚直に! 猪突猛進
2位と3位は同じポイントです。
オリコン1位取るとは思わなかったけども普通に曲調が好き。
3位 2.5pt こぶしファクトリー / 桜ナイトフィーバー
2位と3位は同じポイントです。
オリコン1位取るとは思わなかったけども最初から耳に残る曲調ですし、なんだかんだでディスコ調が自分にとって一番ハマりやすいのかも。
4位 1.0pt アップアップガールズ(仮) / Future & Past
アプガさんの今年の曲の中ではメロディラインが一番好きな曲。
5位 0.5pt Bitter & Sweet / ハレルヤ/Bitter & Sweet
ビタスイさんの中では圧倒的にこの曲ですね。さわやかofさわやかな曲です。

MV部門
1位 5.0pt アップアップガールズ(仮) パーリーピーポーエイリアン/アップアップガールズ(仮)
アプガさんはMVはお金はともかくちゃんと作ってる印象。この曲も色んな人を登場させて踊らせまくってるというだけですけど、この曲自体が、とにかく聴いた人に踊らせる曲なんで、そこに特化するってのも当然と言えば当然の帰結なのかもしれません。
そういえば、何故か明後日の方向から話題になってしまいましたね。
2位 0.5pt アップアップガールズ(仮) ランランラン/アップアップガールズ(仮)
2位と3位は同じポイントです。
メンバーがライダースーツ姿な所を評価。
3位 0.5pt アップアップガールズ(仮) !!!!!!!!/アップアップガールズ(仮)
2位と3位は同じポイントです。
仙石さんの赤いビキニ姿を評価。

推しメン部門
真野恵里菜
まのちゃんは、今年も大活躍で良かったです。

第14回ハロプロ楽曲大賞'15 [Hello!project]

第14回ハロプロ楽曲大賞'15に投票。

楽曲部門

1位 大器晩成/アンジュルム 6.0点

初見から今年の楽曲大賞の1位は、この曲だなと思いました。とにかく曲のインパクトが凄い。それでいて、ライヴめっちゃ乗れるし。最後のヲタ合唱も何気に凄い←

2位 アッパーレー/アップアップガールズ(仮) 2.0点

アプガの2015年のベストソング。曲を知ってる必要がないというか、歌詞とか無意味に限りなく近く、ただただ踊り倒すためだけの曲。

3位 Runway/アップアップガールズ(仮) 1.0点

曲の好みだけで言えば、今年のアプガさんの中でベスト。あずの歌唱をじっくり聴けるのが良い。

4位 恋愛WARS/Bitter & Sweet 0.5点

功罪はともかく、ビタスイの二人のイメージをある意味作り上げてしまった曲。曲も歌詞も分りやすいので、一見さんに優しい曲ではある。

5位 ラーメン大好き小泉さんの唄/こぶしファクトリー 0.5点

元々、シャ乱Qの曲で一番好きなのは小池さんなんで。



MV部門

1位 アッパーレー (Official Lyric Video)/アップアップガールズ(仮) 5.0点

まぁ、水着だよね。ビキニだよね。それはともかく、Tシャツを破り脱ぐアイドルとか普通いないよ?

2位 Runway/アップアップガールズ(仮) 0.5点

みーこがカワイイ。

3位 恋心/Bitter & Sweet 0.5点

このMVが無ければ、あさひちゃんは未だに自転車に乗れなかったわけで。



推しメン部門

真野恵里菜

今年は音楽活動的な面ではアレだったけれども、女優面では飛躍の年だったと思う。2016年もきっともっと活躍していくのだろうなぁ。

第13回ハロプロ楽曲大賞2014 [Hello!project]

第13回ハロプロ楽曲大賞2014に投票。

【楽曲部門】
1位[アップアップガールズ(仮)] 全力! Pump UP!! 3 pts.
ライヴで聴くと無条件テンション上がる。曲自体は結構単純なメロディの繰り返しでサビすら無いんだけどもこれで一曲成り立ってるのも、ある意味凄い。

2位[アップアップガールズ(仮)] サンタクロース 2.5 pts.
曲自体はベタなクリスマスソングなんだけど、ベタさ加減が好き。

3位[真野恵里菜] Ambitious! 2 pts.
ハミング系が入ってるのが割と好きなのと、まのちゃんの声質に合ってる曲調なので。

4位[吉川友] URAHARA テンプテーション 1.5 pts.
サビで繰り返し跳ぶところとか膝まづいちゃうとことか曲というより曲に対するムーブメントが好きなのかも。

5位[Bitter & Sweet] インストール 1 pts.
今年のビタスイって言っても、ビタスイ自体、今年が初エントリーですけど、その中で、一番自分の好みなのはこの曲です。二人で被せ合う所とか。

【MV部門】
1位[アップアップガールズ(仮)] Beautiful Dreamer 3 pts.
0:31の奇跡←

2位[ハロプロ研修生] 天まで登れ! (Dance Shot Ver.) 1.5 pts.
正直MVちゃんと見てるのが、これくらいしかないっていう(^^; さこc見れるし。

3位[ハロプロ研修生] おへその国からこんにちは (Dance Shot Ver.) 1.5 pts.
正直MVちゃんと見てるのが、これくらいしかないっていう(^^; やっぱ、さこcだなー

【推しメン部門】
真野恵里菜
現場数はアップアップガールズ(仮)の方が圧倒的になってますけども、優先順位は圧倒的にまのちゃんですとも。

第3回アイドル楽曲大賞2014 [music]

第3回アイドル楽曲大賞2014メジャー楽曲部門と箱推し部門に投票。

【メジャー楽曲部門】
1位[アップアップガールズ(仮)] 全力! Pump UP!! 3 pts.
ライヴで聴くと無条件テンション上がる。曲自体は結構単純なメロディの繰り返しでサビすら無いんだけどもこれで一曲成り立ってるのも、ある意味凄い。

2位[アップアップガールズ(仮)] サンタクロース 2.5 pts.
曲自体はベタなクリスマスソングなんだけど、ベタさ加減が好き。

3位[真野恵里菜] Ambitious! 2 pts.
ハミング系が入ってるのが割と好きなのと、まのちゃんの声質に合ってる曲調なので。

4位[吉川友] URAHARA テンプテーション 1.5 pts.
サビで繰り返し跳ぶところとか膝まづいちゃうとことか曲というより曲に対するムーブメントが好きなのかも。

5位[チーム・負けん気] 無限、Fly High!! 1 pts.
歌詞がクサいけど歌ってる人たちの境遇的に合ってるし、そういう人たちは応援したくなる気持ちになっちゃうというか。

【推し箱部門】
真野恵里菜
現場数はアップアップガールズ(仮)の方が圧倒的になってますけども、優先順位は圧倒的にまのちゃんですとも。

第12回ハロプロ楽曲大賞2013 [Hello!project]

楽曲部門
1位 曲名/歌手 :NEXT MY SELF / 真野恵里菜
ポイント : 5
選考理由 : 普通にメロディラインが好きなのと、個人的な盛り上がりポイントがあるのと、おそらくこれまで一番枚数を買ったシングルなので。 ハロプロでの真野恵里菜の集大成に相応しい曲。

2位 曲名/歌手 :サマービーム! / アップアップガールズ (仮)
ポイント : 2
選考理由 : 初めて効いたときにうるっとくるほど、良い曲だったので。

3位 曲名/歌手 :雨夜の月 / 田﨑あさひ
ポイント : 1
選考理由 : 間奏の軽く狂気じみたピアノの旋律がツボです。

4位 曲名/歌手 :みんな、ありがとう。 / 真野恵里菜
ポイント : 1
選考理由 : 最後のコンサートでこんな曲唄われたら泣くしかないよねってことで。

5位 曲名/歌手 :わがまま 気のまま 愛のジョーク / モーニング娘。
ポイント : 1
選考理由 : 愛されたい!愛されたい!

MV部門
1位 MV名/歌手 :NEXT MY SELF / 真野恵里菜
ポイント : 5
選考理由 : 最後に登場する「NEXT MY SELF」のパネルを掲げてたんで←
本来は、まのちゃんと共演したんでとか書きたいんですが、自分自身は全く映っておりません、えぇ。

2位 MV名/歌手 :あの坂の上まで、 / アップアップガールズ(仮)
ポイント : 0.5
選考理由 : 曲が始まる前までの足が見どころらしいです。

3位 MV名/歌手 :アップアップタイフーン / アップアップガールズ(仮)
ポイント : 0.5
選考理由 : アプガさんの初MVということで。

推しメン部門
1位 名前 :真野恵里菜
選考理由 : 現場は減りましたけど、まのちゃんであることに変わりはないです。

第11回ハロプロ楽曲大賞2012 [Hello!project]

早速、自分の順位付けをば。

【楽曲部門】
1位 天気予報があたったら / 真野恵里菜 4pt
初めて聴いた時にすぐ惚れました。詩の世界観が自分の真ん中、どストライクでして。Bメロのまのちゃんのギリギリな歌唱が堪らないです。

2位 ドキドキベイビー / 真野恵里菜 4pt
単純に楽しい曲です。振りもカワイイし。音も結構攻めてると思うんですよね、ギターとか。

3位 Rainbow / アップアップガールズ(仮) 1pt
End Of The Seasonとかなり迷ったんですけど、こっちに。アプガというと激しい曲(とダンス)が、どちらかというと注目されますが、ヴォーカルだけでもなかなか聴き応えあると思うのですよ。

4位 カリーナノッテ / コピンク 0.5pt
カリンちゃんが、こんなに透明感のある唄声持ってるとは正直知りませんでした。

5位 超HAPPY SONG (シングル Ver.) / Berryz工房×℃-ute 0.5pt
つんくさんに敬意を表して。後は、キッズ的に10年目のがんばっちゃえ!的な曲位置だよねと。

【MV部門】
1位 Song for the DATE / 真野恵里菜 3pt
NEXT MY SELFが選考出来れば、圧倒的1位なんですけど、対象じゃないので。普通にストーリー性のあるMVですよねと。まのちゃんのは最近そういうパターン多いね。

2位 黄昏交差点 / 真野恵里菜 2pt
ドラマversionは結局未披露のまま終わるのかしら?自分もまのちゃんに (。・∀・。)ノ<大好き… って、言ってもらいたいです。

3位 天気予報があたったら / 真野恵里菜 1pt
ノミネートにあったのみて思い出しました(^^; 既にセーラー服のまのちゃんに違和感…ではなく、ロングのまのちゃんに違和感を感じてみたり。

【推しメン部門】
1位 真野恵里菜
まのちゃんったら、まのちゃん。

G-Emotion FINAL ~for you~ [maki]

12/4は、「G-Emotion FINAL ~for you~」を幕張イベントホールまで見てきました。
昼夜とも。

昼はアリーナ5列目46番。夜はBブロック3階12列30番。

何から書いていいか…まず、昼公演、ライヴ始まって数曲は、アルバムの曲をずーっと、想定の範疇で所謂普通のコンサートの趣を感じながら見ていたわけですが…それでも普通にごっちんが唄って踊ってるのをそこそこ近い場所で見れるわけで、十分楽しみながら、普通のコンサートとして見ていた訳です。

でまぁ、中盤に差し掛かって、ジャズアレンジの「ガラスのパンプス」が、かかった瞬間、正直、胸の支えが取れたと申しましょうか、一抹の不安が払拭されたと申しましょうか、ホントの意味で、所謂ごまコンとして楽しめるようになりました。当日初めて跳びましたし。

そして「Queen Bee」でアリーナの淵を周回してスタンドとかにサイン入りのボール投げ始めて一番後ろに回ったときに「スクランブル」ですよ。まさかのまさかだけど、期待もしてた曲でもあるわけで。こっからは、完全に往年のごまコンと変わらない雰囲気になってましたね。

とりあえず、アリーナ周回でかなり間近でごっちん観ることが出来ました。でも、あっという間で、あんまり記憶に残ってないけど。

あと、炎とか花火の演出では、熱気とか火薬の匂いとかリアルに感じまして、まさにライヴを体感してるという感じ。

昼はライヴ後の追い出しで何故か「スクランブル」。まぁ、何故かっていうよりもメッセージだったんだろうけど。

そして、夜公演。向かいのスタンドに関係者席があったので、始まる前にウォッチ。知り合いの話から、柴ちゃん(元メロン記念日の柴田あゆみ)が見に来てたのは知ってたけど、隣に村田さん(元メロン記念日の村田めぐみ)まで来てた。
開演直前に、サトタ(カントリー娘。の里田まい)と、きっか(吉川友)と、たあ(高橋愛)も。そして、関係者席じゃなくて、アリーナ席のしかも、花道進んだサブステージ手前に何故か、まさお(元メロン記念日の大谷雅恵)が(w
ちなみに、まのちゃんというか、J.P ROOM のマネージャのマネティも観に来てた。

夜公演は最初っから、ごまコンな雰囲気。自分でも、どの曲で、どう盛り上がればいいかも、そこそこは予習できたし。でも、ステージから一番遠くからの眺めだけど。とにかく一番遠くなので、アリーナ周回にはすごい期待していたんだけど、3階からだと、顔がチラッと覗けるぐらいで、2階の人たちに隠れて、全然見えない。(´・ω・`)
そんな落胆する気持ちに沈みかけた瞬間に「スクランブル」だから、訳ワカメなテンションで踊る羽目に。

他の人は分からんけど、綾小路翔らへんは、割とどうでもいい感じで。曲は曲で聴きましたけど。

そして、ラスト、アンコール、ダブルアンコールと来て、ドリームモーニング娘。さんの登場になるわけですが、実は、夜公演は行った時に取材の人の何かの確認の声が耳に入りまして、ドリームモーニング娘。さんのメンバーを確認するためなのか、名前を読み上げてまして、まぁ、観に来るかゲストなのかで、関係者席に居なかったので、まぁ、ゲストなんだろうなと予測はしてました。

そして、「LOVEマシーン」。自分の中ではライヴではオリジナルのメンバーで聴いたことないので、この時初めて
オリジナルの3人のLOVE×3を聴いたんじゃなかろうか。そういう意味では自分にとっては凄く貴重な体験だった。

ダブルアンコールのもう一曲の「with」も選曲は悪くないし、観客に唄わすのも、おかしくはないんだけども、如何せん、オリジナルと比較して曲のスピードが速すぎる。それに戸惑って唄おうにもなかなか合わせられなくて、♪きっと きっと ♪ずっと ずっと のとこぐらいしか、ちゃんと唄えなかった。

ダブルアンコールが終わって、バックステージの様子を流すのは斬新だなと思ったら、影アナ…まぁ、映像に映ってるんだから、影じゃないけど…からの「盛り上るしかないでしょ!」そりゃあ、盛り上るしかないでしょ。しかも、フリがG-Emotionと同じとか。

全部終わって思ったのは、改めて、ごっちんて、ライヴというかコンサートの天才なんだなと。パフォーマンスの一つ一つでいうと、そこまでクオリティが高いわけじゃないのよね。もちろん、人並み以上に唄えるし踊れるんだけども。ただ、パッケージとしてだったり、曲に対しての力というか命の注ぎ込み具合が半端なく伝わってくるのよね…。そして、盛り上げ方というか、会場の一体感というか…そこらへんは所謂ごまコンヲタとの相乗効果もあるんだけど、あれだけの熱狂を一人で創出できる人って、いないと思うのですよ。

そういう意味で、稀有な存在を日本のミュージックシーンは喪失してしまったということを認識すべきなのではないかと。いや、大げさでなくて…。

第10回ハロプロ楽曲大賞2011 [Hello!project]

1月に1回更新して、次が12月とか。それにしても、このblogの重さはどうにかならないのかねぇ。PC性能の問題なのかso-netのサーバの問題なのか分かりませんが、とにかく重すぎ。放置してる間に改善されてるかと思ったら、相変わらずだし。
ということで、毎年恒例のハロプロ楽曲大賞に今年も参加しますよ。
第1回目から参加しているこの企画も遂に第10回ですか。時の経つ早さを感じられずにいられません。

とりま、この10年を軽く振り返ると、テキサイ始めて、現場行って、ツアーコンプして、マノフレで、CDとか、写真集とかバカみたいに大量購入して、一人で海外まで行って…とか、10年前には想像だにしていなかった状況にあるわけですが、楽曲大賞との向き合い方は特に変わりなく。発表イベントには2回くらい行ってた気がします。今年も現場有り過ぎで回避濃厚ですが。

そんなわけで、今年の投票。

【楽曲部門】
1位:8pt My Days for You/真野恵里菜
今年、曲を聴いて感動したのはこの曲だけなもんで。マノフレ補正もあるにしろ、卓偉さんがまのちゃんのために今までのまのちゃんの曲を一通り聴き直して作曲したという分、ちゃんとそれが曲に出てるというか、まのちゃんの気持ちというか、歌詞を伝える力が増してると思うんですよね。

2位:0.5pt この地球の平和を本気で願ってるんだよ!/モーニング娘。
初めて夏ハロで聴いてワクワクというか、心躍った感は今でも覚えてます。サビ前の静寂から盛り上っていくところは気持ちも一緒に高揚します。

3位:0.5pt 自信持って 夢を持って 飛び立つから/高橋愛
ライヴで聴いたのは武道館の2回、そしてテレビでカミスンで1回なんですけど、全部歌詞が間違えてるという。ただ、それがネガティヴな要素ではなく、単純に、たあが唄う喜びに浸りすぎて、ある意味リミッター外れちゃってる部分での話しなので、むしろ喜ぶべき所なのかなぁと。そういうたあが見れた曲ということで。まぁ、そろそろリミッター外してもちゃんと唄って欲しいところでもありますが。

4位:0.5pt 愛しく苦しいこの夜に/モーニング娘。
この曲が今年の選考対象ってのが違和感ですけど、実際かなり聴き込みました。曲の世界観的に、そんなこともあったよね的になるか、こんなロマンティックなもんなのかしらと妄想に浸るのかで、全然違う印象になりそうですが。でまぁ、単純にそういうシチュエーションと亀井さんの唄が良く合うなと。

5位:0.5pt 有頂天LOVE/スマイレージ
最初聴いた時は、そんなにいい曲とも思ってなかったんですが、PVが面白いのと、アップアップガールズ(仮)で聴いてる内に馴染んだのと、つんくver.が、ハマり過ぎで(w
あと、この曲の時の夏ハロの応援席のカリンちゃんが超絶カワイイ。←

【MV部門】
今年もMVは、コレと言うのがないので、横並びで。
1位:2pt My Days for You/真野恵里菜
オールロケで歌唱シーン無しっていう、ある意味、王道なMVですが、それが曲に合ってると思います。

2位:2pt 有頂天LOVE/スマイレージ
いい意味でアホっぽいのが、いいです。最近こういう遊びに走るMV少ない気がします。

3位:2pt ブスにならない哲学/ハロー! プロジェクト モベキマス
多人数で、どこに誰がいるんだか的なのもたまにはいいかしら。固定カメラの奪い合いをメンバに任せてたってのは、いい判断だったと思います。

【推しメン部門】
真野恵里菜
No Erina No Life.

まぁ、最近アップアップガールズ(仮)の現場が増えてますが(w

2011/01/02 18:30 Hello! Project 2011 WINTER ~歓迎新鮮まつり~ Aがなライブ@中野サンプラザ [Hello!project]

あけおめ、ことよろ。
ということで、2011年の新春ハロコンも全公演の予定なので、全公演レポ予定で。

続きを読む


第9回ハロプロ楽曲大賞2010 [Hello!project]

もう年が暮れるってことですか。ホント毎年過ぎるのが早いなぁ。
ということで、毎年恒例のハロプロ楽曲大賞に今年も参加しますよ。
第1回目から参加しているこの企画も第9回ですか。毎年のことながらご苦労様でございます。

まぁ、どうでもいいこと話しててもしょうがないので、早速今年の投票をば。

【楽曲部門】
1位:4pt 涙ッチ/モーニング娘。
春のコンサートで聴いた時からスローテンポからアップテンポに変わるところとか、ROCKバリバリなところとか、歌詞とかがことごとく自分のツボでして、夏ハロまでは今年の楽曲大賞は圧倒的にこの曲だと思ってました。

2位:4pt 本気ボンバー!!/Berryz工房
今年の夏ハロはコンプしたんですけど、そこで自分の中で一番盛り上ったのがこの曲でした。とにかくサビがツボ過ぎる。大サビは縦ノリしまくってました。何が特別かって今までBerryz工房のシングルを自分で購入したことがなかったのですが、この曲は初めて自分で購入しました。それだけ、自分の中で今年来まくった曲です。

3位:1pt OSOZAKI娘/真野恵里菜
なんか、投票フォーム見たら今年の選考対象ということでしたので、速攻で投票。今までのまのちゃんの曲の中では断トツで1番好きです。まのちゃんも今一番好きって言ってたし。各種イベント、コンサートでこの曲が入ってるのと入ってないのとではテンションに差が出るくらい重要な曲です。フリの中でまのちゃんと指差し合えるのも嬉しかったり。(結局そこか

4位:0.5pt まつげの先に君がいる/真野恵里菜
なんか、投票フォーム見たら今年の選考対象ということでしたので、速攻で投票。今年のまのちゃんの誕生日から、サビをスローテンポのバラード調で入る唄い出しに変わりまして、毎回高まってます。フリの中でまのちゃんと指差し合えるのも嬉しかったり。(やっぱり、そこか

5位:0.5pt 宝石/後藤真希
ごっちんの曲は1曲は入れておきたいのと、「Hellosmile Live 2010」のパフォーマンスがすばらしかったのとで選曲しました。今年1年だけでも色々とあったごっちんですが、来年も今年以上に良いパフォーマンスを魅せてくれると思います。

【PV部門】
正直、今年のPV部門については、コレといったものが無いのですが、とりあえず見てて飽きないというところで選んでみました。

1位:2pt 女が目立って なぜイケナイ/モーニング娘。
他のハロプロのグループでは出せない貫禄的な部分が良いです。

2位:2pt お願いだから…/真野恵里菜
コスプレも企画としては面白いんだけど、自分的には唄衣装のミニスカート(っていうか、そっから出てるまのもも)がツボでして…思わず、まのちゃん本人にも伝えたくらい。(ぉぃ

3位:2pt 元気者で行こう!/真野恵里菜
多分、今年一番見た回数の多いPVだと思うので。後は、プロマーシャルとか真野恵里菜監督第1回作品とか色々と企画を乗っけまくってたのも一応プラス評価ということで。

【推しメン部門】
真野恵里菜
まのちゃん以外考えられないっしょ。大晦日もまのちゃんと一緒に過ごしますよと。
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。